SSブログ

お祓いして貰うべきか!?

相方が痛風になり、車が壊れ、携帯が壊れ、事故と色々ありました!
実家の方はと言えば、
7月には弟が救急車では運ばれて、盲腸での緊急手術!

8月半ばには母が健康診断で引っかかり糖尿病が発覚で即入院!

その直ぐ後に父の腰痛悪化で21日に手術!

同じ21日に母の弟が心筋梗塞で倒れて救急車で運ばれ
緊急手術したもののダメで54歳で永眠。

その後に私が撥ねられてしまったので、母が心配して
東京にいる下の弟にも電話してみると
中国に出張でパソコンを教えに行くと言うので
くれぐれも気をつけてと注意したのですが
次の日に弟からお払いして貰った方がいいかもとの電話が…
中国の銀行に向かう途中、一緒に行っていた同僚の女の子が
弟の直ぐ後ろを歩いていて車に撥ねられたそうです。
その娘の怪我がどの程度かは分かりませんが
弟はその娘のおかげか事故には巻き込まれずに済んだそうです。


今日の一言
『重なる時には重なるって言うけどこの辺で打ち止めにして欲しいなぁ』

腹が立ったこと その4

その後も色々と聞かれたりした中で
食物アレルギーや食べれない物があるかと聞かれ
玉葱、長ネギ小ネギなどのネギ類は全てダメだと答えたら
お味噌汁にちょっと入っていてもダメ?って聞くので
それぐらいは仕方ないですねって答えた。
折角なら美味しく食べたいのでネギはダメって言ったのに
ワザワザ味噌汁の件も確かめたくせに
毎食何かしらにネギ類が入っているのはなぜ?
大量に作ったおかずの中に入ってるなら仕方ないけど
冷奴にかけてあったし、冷やしうどんにも大量ににかけてあった。
玉葱主体の角切りサラダなんてもの出てきたし
せめて生でかけたり、混ぜたりってのはやめてほしいっよね。
何のために細かく聞いたのか意味ないじゃん。

今日の一言
『嫌がらせうける覚えはないんだけどなぁ』

腹が立ったこと その3

夕方からの入院でご飯が間に合わず夕食は麺類ですと言われていた。
病室で入院の案内書をもらい色んな説明を受けていた時に
食事が出来たとの連絡が来たがもう少しで終わるからと
色んな手続きの話なんかがまだ続いたので
様子を見に来た看護婦さんがラーメンだからと…
三回目に様子を見に来た時になってやっと続きはご飯の後にとなり
やっとラーメンを持ってきてもらったがすでに10分以上経過していて
スープ吸いまくりの伸び伸び柔らかラーメンになっていた。
利き手の左手が使えないので右手でホークを持ち
ちょっとずつ食べたので余計に伸び伸び(T◇T)シクシク

今日の一言
『いくら猫舌でもぬるいラーメンは美味しくないよね。』

腹が立ったこと その2

呆然としていると看護婦が来て受付で確認したら
ベッドが空いてるとかじゃなく施設はあるってことで返事したとのこと
一応空きスペースに簡易ベットを出したのでそこでよければ。
特別置いてあげるのだから1週間だけと言われて
とにかくその部屋に連れて行かれました。
もう痛くて動きたくもなかったのでそのベッドで横になっていたのですが
病室の入り口横の空きスペースなため、仕切りのカーテンもなく
部屋の外の廊下からは丸見え状態。
相方に連絡して荷物を持ってきてもらうことにはしたものの
何で、看護婦に恩着せがましく言われてまで
ここで1週間我慢しなきゃいけないのか!その後はどうすれば!
などと考えていたら、また悔し涙が後から後からあふれてきて…
相手の保険屋から電話が来たので、病院移ってもいいか聞くと
かまわないとのことで、とにかくこっちに来ると言われた。
相方が荷物を持ってきたので相方にも相談!
この部屋じゃゆっくりも出来ないとの結論になり
この際近場は諦めて宮崎市内(家から50分くらい)の
○○整形外科に行く事に決めて電話でベッドの空きを確認!
ここでも診察次第とは言われたものの空きがあるので問題なし。
保険会社の近くだというので保険屋が連れていってくれる事になった。
ここでも、いろんな角度からレントゲンを撮られたのですが
よく判らないのでエコー検査をしてもらうと
肘の骨が欠けているのが発覚と神経や筋が損傷!
腫れていたのは血が溜まっているからだとわかり
大きな注射針を奥まで突っ込んでの血抜き!
痛くて声をあげながらのながらの診察もすんで
やっとまともに入院する事ができたんですよ。

今日の一言
『けが人にはもっと優しく接しましょ』

PS.
ちなみ今いる病院に事故入院するのは3回目!
20年前に来たときとは場所も微妙に違うし
建物も立派になってびっくりでしたけどね。

腹が立ったこと その1

事故にあった現場が家から遠かったので
救急車で連れて行かれた病院では
物凄く痛い腕を伸ばしたり曲げたり捻ったりして
レントゲン撮っただけで、家のそばの病院に行くようにと
紹介状と痛み止めの薬が出ただけなのは前に書いたとおり!

社長からの伝言で、その日のうちに会社近くの○田病院にて
しっかり検査入院しろってことだったのですが
社長が病院に確かめたらベッドが空いてないとのことで
急遽他の病院を探す事に!
家に帰ってから電話であっちこっちに問い合わせても見つからず
相方が痛風でお世話になっている○塚病院にダメ元で
入院できるか聞いてみると、『先生の診察次第だ』とのこと!
なので、朝一で相方に連れられて○塚病院へ。
受付でも入院したい話をすると『診察次第』と同じ回答。
ここは、患者が多く見てもらうのに時間がかかるため
相方は私を残して、一旦帰って必要なものの買出し!
二時間近く待ってやっと診察!
ここでも痛い思いをしてレントゲン撮影。
肘の蝶番の骨がやられているらしくごちゃごちゃしていて
レントゲンだとわかりにくかったみたい。
とにかくヒビが入っているみたいだから入院して
様子を見ましょうって先生に言われてほっとしたのもつかの間。
看護婦から、ベッドの空きはないですと言われた先生から
ウチでは無理なので他を当たってくださいと言われ
入院できるか聞いたら診察次第だと言われたと
電話や受付でのやり取りを説明するも
それはベッドの空きがあるってことじゃなくて
入院設備はあるってことだと看護婦に主張された。
先生からは、
『なにを言われてもベッドが空いていないので物理的に無理!
他所から派遣で来てるだけなので、この辺のどこが腕がいいとか
どこの病院に空きがあるとかの病院事情はわからない。
自分で捜して行ってください』とまくし立てられた。
しっかり電話で確認したはずがこんなことになって
一人でどうしていいかわからず、診察室を出てから
自分のせいでこうなった訳じゃないのにと思うと
悔しくて不覚にも泣いてしまいましたね。

今日の一言
『まあその先生は東京から週一でこの病院に来てる人だったのですが
もっと他に言いようがあるだろうって思いませんか?』

何キロ太るやら

一日外泊の許可貰って帰ってきました。
ご心配かけましたが段々ひじの動きも良くなってきてます。

でもって
はねたパン屋が自分で焼いて来た持ってきた
最初のお土産(入院18日目)が写真1!
パン屋が帰ってから開けてみたらマドレーヌばかり14個も入ってました。
お部屋の人にあげたりしてもまだ十個もありました!
自分で焼いてそのまま箱詰めしてあるせいか
賞味期限などの書かれたラベルがなかったのですが
まあ少しは日持ちもするだろうと一日2個ずつ食べましたよ。
それなりに美味しかったとは思ったのですが
他のも入っていて欲しかったかなっと思うのはいけないこと?

次にパン屋が持ってきたのは自分で焼いたパンの詰め合わせ写真2。
レーズンの入ったライ麦パンが大きくて、いつまでもありましたね。

次にまだライ麦パンが丸々残っている時に相方のお姉さん夫婦が
JAの保険の書類持ってお見舞いに来てくださり
長饅頭と柏餅とドーナッツの写真3を持ってきてくださいました。
これは、病室の方がご高齢なのでおすそ分けも出来ず
ライ麦パンと併せて頑張って食べましたよ。

と言う感じで間食の多い入院生活を送ってます!

明日にはまた病院に戻りますが、インフルエンザ対策で
面会の規制がしかれていて、普通にお見舞いにはこれないので
間食は減るかも知れませんが…

今日の一言
『一人で食べるにも限界があるよね。』

PS,明日には帰るのでリコメは無理かもm(_"_)m

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます